Episode2 ビビッときたら、会いに行かなくちゃ。Episode2 ビビッときたら、会いに行かなくちゃ。
祐希と相棒のジャーバは日常ケアについて教えてもらうため、麻衣の家へ向かいます。 祐希と相棒のジャーバは日常ケアについて教えてもらうため、麻衣の家へ向かいます。
『ピーンポーン♪』 『ピーンポーン♪』
飛鳥がお出迎え。「いらっしゃい!上がって、上がって!」2週間ぶりに会う飛鳥に少しドキドキする祐希。「おっ、おじゃまします!」。 飛鳥がお出迎え。「いらっしゃい!上がって、上がって!」2週間ぶりに会う飛鳥に少しドキドキする祐希。「おっ、おじゃまします!」。
リビングでは七瀬と美彩がお待ちかね。「祐希ちゃん、いらっしゃい!ジャーバも久しぶり!」ジャーバとの久しぶりの再会に、美彩と飛鳥は大はしゃぎ。 リビングでは七瀬と美彩がお待ちかね。「祐希ちゃん、いらっしゃい!ジャーバも久しぶり!」ジャーバとの久しぶりの再会に、美彩と飛鳥は大はしゃぎ。
そんな様子に、シャンプーは少しヤキモチを焼いてるみたい。 ジャーバとの久しぶりの再会に、美彩と飛鳥は大はしゃぎ。そんな様子に、シャンプーは少しヤキモチを焼いてるみたい。
「ジャーバ、大きくなったね!」ジャーバの成長ぶりに驚く七瀬。祐希は、なぜか自分が褒められたみたいに、とても誇らしげ。 「ジャーバ、大きくなったね!」ジャーバの成長ぶりに驚く七瀬。祐希は、なぜか自分が褒められたみたいに、とても誇らしげ。
「ジャーバのためにケア方法を教わりにくるなんて、祐希ちゃんは偉いね。飛鳥も見習いなさいよー」 「ジャーバのためにケア方法を教わりにくるなんて、祐希ちゃんは偉いね。飛鳥も見習いなさいよー」と美彩にからかわれた飛鳥はムキになって反論。「私だって毎日ちゃんと勉強してるんだから!」その時、玄関から音が。麻衣が帰ってきたみたい。
と美彩にからかわれた飛鳥はムキになって反論。「私だって毎日ちゃんと勉強してるんだから!」その時、玄関から音が。麻衣が帰ってきたみたい。
ただいまー
「祐希ちゃん、待たせてごめんね!」と挨拶も早々、少し怪訝な顔でジャーバを見つめる麻衣。 「祐希ちゃん、待たせてごめんね!」と挨拶も早々、少し怪訝な顔でジャーバを見つめる麻衣。
平然を取り繕った顔で、麻衣を見つめるジャーバですが、ちょっと不安そう。 平然を取り繕った顔で、麻衣を見つめるジャーバですが、ちょっと不安そう。思わず『ニャーァ』と小さく鳴き声をあげます。
思わず『ニャーァ』と小さく鳴き声をあげます。
「少し耳が汚れちゃってるね。じゃあ、本日のテーマは、耳のケア方法に決定!」ジャーバを撫でながら麻衣が言います。 「少し耳が汚れちゃってるね。じゃあ、本日のテーマは、耳のケア方法に決定!」ジャーバを撫でながら麻衣が言います。
最も正しい耳のケア方法はどれ? 最も正しい耳のケア方法はどれ?
水や耳用クリーナーでぬらしたコットンで見えるところを軽くぬぐうだけで、おおよその汚れはとることができます。繊細な器官である猫の耳を傷つけないよう、『こすらず+ソフトに』をモットーにお手入れしましょう。お手入れの目安は、『耳の穴の入口部分に耳垢がたまっている』時です。 水や耳用クリーナーでぬらしたコットンで見えるところを軽くぬぐうだけで、おおよその汚れはとることができます。繊細な器官である猫の耳を傷つけないよう、『こすらず+ソフトに』をモットーにお手入れしましょう。お手入れの目安は、『耳の穴の入口部分に耳垢がたまっている』時です。
もう一度よく考えて!ヒントは、『こすらず+ソフトに』 もう一度よく考えて!ヒントは、『こすらず+ソフトに』
真剣に麻衣の話を聞く祐希に驚きを隠せない飛鳥。 真剣に麻衣の話を聞く祐希に驚きを隠せない飛鳥。「大学の授業もこれくらい集中してくれたらいいのに…でも、ジャーバをそれだけ大切に想ってるんだよね。私も見習わないと!」
「大学の授業もこれくらい集中してくれたらいいのに…でも、ジャーバをそれだけ大切に想ってるんだよね。私も見習わないと!」
シャンプーのために日常のケア方法についてもっと勉強しないと。“シャンプーの健康は私が守る!”と心に固く誓う飛鳥でした。 シャンプーのために日常のケア方法についてもっと勉強しないと。“シャンプーの健康は私が守る!”と心に固く誓う飛鳥でした。